妊活中-主婦ライターは二人目ふにん-

4年前流産し、現在二人目妊活中・・今更聞けない不妊治療の超キホンから、不妊治療のリアルを現在進行形でお伝えします☆

不妊は病気じゃありません!

f:id:ahaha70:20150325213535j:plain

不妊は病気ではありません!

私もね、自分が不妊治療をやるまでは・・いや、やりだしてからも、

不妊は病気だと思っていました。

 

 

「不妊」って言葉の医学的定義って、

「通常の夫婦生活を送っていながら、2年経っても妊娠しない事」ってされていますけど果たして不妊って言葉の病名はあるんでしょうか?

 

 

 

答えはNO!です。

不妊って、赤ちゃんが出来にくい「状態」の事を言うのであって決して病気ではないんですよね。

 

もちろん、赤ちゃんが出来にくい状態の理由として、

子宮にポリープがあったり、

子宮内膜症だったり、

無排卵だったり、

黄体機能不全だったり

 

という、病気が見つかる場合も多々ありますが、

それは、それぞれの病名があり、

そもそも、「不妊」という病名はないのです。

 

はっきりとした病気も見つからず原因が不明のまま

不妊治療を続けていらっしゃる方も多く、

実は私もその一人です。

 

 

不妊は病気じゃない!

じゃあ、不妊外来は何をするところなのか・・・?

 

これは、単純に、

赤ちゃんが出来にくい状態を改善し、

赤ちゃんをできやすい状態に体質改善をしたり、

医療の力で、赤ちゃんのできる確率を上げるところです。

 

通えば必ずできるものでもないって事も、通い始めて知りました。

正直、通いだしたときは、医療の力を借りれば、すぐにできるだろうと安易に考えていましたが、治療は思ったより長引き、もう2年になります。

 

基本的に、不妊外来では・・・

  • 今現在の生理状況や過去の妊娠歴、血液検査や、様々な検査で原因を探る。
  • 赤ちゃんが出来にくい状態の理由として、はっきりとした病名が見つかると、それを治療する。
  • 薬や漢方などを使い、体質改善やホルモンの調整で妊娠をしやすい状態にもっていく
  • 不妊カウンセラーが常駐しているところもあり、精神的な部分でもサポートが充実
  • 人工授精や体外受精などで、妊娠の確率を上げる

 

 

などの妊娠力を上げるサポートをしてくれるところです。

 

原因は不明のまま、不妊外来へ通い2年経って感じていることは

赤ちゃんは、医療の力だけでは、できない。

 

自分の毎日の生活習慣や、口にする食べ物などを改善することで、

医療の効果も高まるのでは??と思っています。

 

不妊は病気ではない・・だから、治療法も手探りで、難しいんです。

 

何が良くて・・何が悪いのか・・・

不妊で悩む方は、みんなあるあるだと思いますが、あまりに結果の出ない日々を過ごすと、何をしたらいいのかもうよくわからなくなってくる時期もありますよね。

 

 

近所の○○さんが、ファスティングした後に妊娠したと聞けば、ファスティング

よもぎ蒸しがいいと聞けば、よもぎ蒸し

マカがいいと聞けば、買いに走り

漢方がいいと聞けば、漢方薬局へ走り・・・・

 

 

効果があったと聞けば、できる限りそれをやる毎日。。

お金も、時間も使います。

気づけば、私、この2年、「不妊」を改善するという目的が人生のほとんどを占めています。

 

 

このままじゃいけねぇ・・・・・

 

 

 

4歳の娘が、赤ちゃんを待つ私に言いました。

 

「ママ!○○は、お空の雲の上から見ていて、ママのお腹に入ったの!

○○が先に行くよって言ったの♡」

 

 

4歳の娘がどこでそういう事を覚えたのか、嘘か真かわからないけど、

それってほかにも兄弟がいたって事かしら??

 

 

あぁ、妊娠のタイミングは、空で見ている、赤ちゃん次第なんだな・・・

 

 

生理が来るたびに殺気立った私を見て、

赤ちゃんは来たいと思わないんじゃないか?

 

 

もう少し、心を軽くしよう。

 

ほかの事にも目を向けて、人生を楽しくしよう。

 

 

不妊は、病気じゃないんだ!

 

日々の生活に感謝し、楽しみ、治療も前向きに続けていけば

いつか、いつか、ふっと降りてきてくれるんじゃないかと

思うと、気持ちも楽になりました。

 

 

あなたは、一人いるからね!

 

っと、言われても当然ですが、

赤ちゃんを待つ娘や主人の事を思うと、

一人目がいようとも、治療は痛みを伴いますし、

精神的にもやはり苦しい日々です。

 

私は二人目不妊なので、これが一人目不妊で悩んでいる方の苦しみは

はかり知れないと思います。押しつぶされそうなプレッシャーや焦り、

結果の出ない日々を思うたびに、胸が痛くなります。

 

子供ができることは、当たり前じゃなく、たくさんの奇跡の連続です。

不妊治療をしなかったら気づかなかった。

 

 

私を不妊治療に導いてくれたのは、流産した第2子の子。

何か、私に伝えたくて、たったの11週でしたが、お腹に来てくれたのかな。

 

母さん、もっと強く明るく、元気に暮らすから、

ふわふわの雲に乗って、見ていてね!!

そして、楽しそうだな!と思ったら、またお腹に来てね

 

その為の準備は、万端にしておくぜ!

 

それでは、葉酸を摂取し、血流を良くするためのストレッチでも

やってきますね!