妊活中-主婦ライターは二人目ふにん-

4年前流産し、現在二人目妊活中・・今更聞けない不妊治療の超キホンから、不妊治療のリアルを現在進行形でお伝えします☆

「40代でも自然妊娠出来ますか?」授かれる身体作り☆5つの基本と不妊治療について

高齢出産はデメリットばかりじゃない!Byドラマ「コウノドリ」

f:id:ahaha70:20151204221556j:plain

 こんにちは!ハピコです。

ドラマを見ない私。先日たまたま見た「コウノドリ第6話」、

は、高齢出産、不妊治療がキーワードでした。

 

リスクばかりが強調される高齢出産ですが

ドラマの中ではきちんとメリットも語られていて

嬉しかったです。

 

人間として成熟しているので、育児に余裕が出る

高齢出産の子供の方が事故や入院するケースが少ない

言語の発達や情緒の発達がイイ

 

「40代でも自然妊娠出来ますか?」

最近、読者さんからお問い合わせ頂いた言葉です。

 

「できます!できます!きっとできます!」

無責任にも全力で言わせてもらいました!

 

その読者さんも、コウノドリ見てたみたいで、

妊娠、出産にとても意欲的♡

 

妊娠、出産というのは、年齢関係なく命がけです。

高齢出産だから・・・

40歳だから

○○歳だから

 

そんな声にも負けず、元気な赤ちゃんを産んでいる

40歳代の方が、私の周りにはたくさんいます!!

 

卵子の老化による出産のタイムリミットは統計であって

個人差がかなりあります。

 

そんな個人差を生む秘訣は何なのか?

妊娠出産に備えた、授かれる

身体作り5つの基本をご紹介します♡

 

(記事最後には、40代で妊娠を目指すあなたに

私の主治医からのメッセージもあります)

 

■これだけはやっておきたい妊娠出来る身体作り

 1.無月経・月経不順を改善

本来なら規則正しく来るべき月経も

ストレスやホルモンの影響で遅れがちに

なる事はしばしば。

 

とはいえ、妊娠を望むのならば絶対に無視できない

症状です。3か月以上ストップする「無月経」は

そのまま放置していると妊娠しにくい身体に・・。

 

早めに婦人科を受診し、治療しましょう。

受診の際は、基礎体温表を持って行く事♡

忘れずに~

 

2.生活のリズムを整える

体調や体のリズムを正常に維持するためには、

規則正しい生活をおくる事が大切です。

 

不規則な生活を送ると、代謝機能や免疫力が低下し

新しい命を宿る生命力がかけてしまいます。

 

睡眠はきちんととる事、食生活の改善、

お仕事が忙しすぎちゃうのもちょっと考えモノ。

少しセーブして、身体を整えて下さいね。

 

3.栄養素を意識した食事とサプリ

妊娠、出産にはとてつもないエネルギーが必要です。

必要な栄養素が、摂取できていないと、赤ちゃんの

発育にも影響が出てしまいます。

 

特に注目される、葉酸不足は、サプリでカバーして、

タンパク質、ビタミンA,B,E、鉄、亜鉛、カルシウム

をバランスよく摂取しましょ!

 

完璧じゃなくていい♡意識するだけで全然効果ありますよ!

 

4.適切な体重管理

無理なダイエットは、生理が止まってしまいますので

厳禁ですが、太りすぎも妊娠しずらい状態です。

 

太りすぎた状態で妊娠すると、妊娠の経過に大きく

影響が出てしまう事も・・・。

脂肪のせいで、出産も難産になるリスクも上がります。

 

規則正しいく適切な量の食事を食べ、体重管理には

気を付けましょう!

 

5.持病がないかチェック!検査を行う事

妊娠した状態で病気が見つからないように

妊娠する前から、病気のチェックは必須♡

 

妊娠後に病気が見つかると、赤ちゃんの影響

を考慮して積極的な治療ができません。

 

また、うつ病やてんかんなど、持病のある方は

妊娠中の治療薬を医師と相談してみて!

妊娠を望んでいる事も伝えておきましょう!

 

■40代で妊娠したいと思ったらAMH検査を!

 このブログでも、何度かしつこく言っている

AMH(抗ミュラー菅ホルモン検査)は、

自分の身体の中に、あとどのくらいの卵子が残って

イルカを数値で予測する検査です。

 

 赤ちゃんがほしくて、35歳過ぎているなら、

必ず受けて欲しい!

 

卵巣の機能、残りの卵子に余裕があるのと

ないのとでは、治療法が大きく変わります。

 

検査結果があまりよくなければ、

妊娠出来るタイムリミットが、迫っています。

早めに検査して、その結果で治療法を決めて下さい!!

 

 ■「40代でも自然妊娠出来ますか?」について

 人の生殖機能には、大きな個人差があります。

現在科学的、医学的根拠のある治療法や統計が

必ずしも自分に当てはまるかといえば、そうじゃない。

 

正直ね、妊娠する時はするし、しない時はしない。

40代でも自然妊娠する。

その時期や確率は、誰にも分らない。

 

だからこそ、妊娠するチャンスを増やしたいし

その為の身体作りもやっておきたい。

 

出来る事、最低限の事はやっておいた方がいいです。

赤ちゃんが出来た時にも、発育や、つわり、産後の体調に

大きく影響が出るのは間違いない。

 

あの時こうしていたら・・・

とか思うくらいなら、今すぐにでもやりましょ!

 

■40歳代の不妊治療は厳しい?I医師からのメッセージ

私の通っている病院では、42歳、43歳で始めて不妊治療の

ドアを叩いた夫婦には、体外受精も進められないと

言っていました。

 

「体外受精をやるなら、少しでも若いうちに。」

 

「40歳になるまでは、人工授精で頑張ろう」

「40歳になってから考えよう」

 

そんな風に考えている方も多い。

医師は言います。

 

「じゃあ、その時に卵子は妊娠出来る状態にあるのか?」

「体外受精を視野に入れてるなら、30代のうちに・・

少しでも確率が高いときにやろう」

 

っと。

自然妊娠するかどうかは、医師にはわかりません。

 

誰にもわからないから迷うんですけど、

40歳で初産、半年、性生活を持っても妊娠しない場合、

体外受精に進む事も考えた方がいい。

 

赤ちゃんが欲しいと思っていて、タイムリミットが

せまっている・・経済的にも体外受精を受けられる状態なら

自然妊娠にこだわる必要はない。

 

ただし、卵子の採卵や受精率向上のため、

最低限の授かれる身体作りは意識しておく事が大切と

I医師は教えてくれました。

 

 

■おわりに

30歳でも、35歳でも、40歳でも赤ちゃんが

欲しいと思ったらやらなくちゃいけない共通項目

 

授かれる身体作りを行う事。

 

生命を宿るって、大変な事なんですよね。

無事に生まれてくることは、やっぱり奇跡です。

 

不妊治療をしたから、

自然妊娠だから

 

そんな事は、生まれてくる命に何の関係もありません。

 

「元気に生まれてきてほしいだけ。」

 

年齢の事だけにこだわらず、日々の生活を見直し

コツコツと妊娠力を積み上げていきたいものです。

 

ahaha70.hatenablog.com

ahaha70.hatenablog.com

ahaha70.hatenablog.com

ahaha70.hatenablog.com