妊活ブログ〜ハピコの二人目不妊〜

4年前流産し、現在二人目妊活中・・今更聞けない不妊治療の超キホンから、不妊治療のリアルを現在進行形でお伝えします☆

妊活中ホッカイロで温める場所はココだ!冬の温活で妊娠する人が多いホッカイロ活用法

冬は身体を温めやすい時期!ホッカイロを活用する方法とは?

f:id:ahaha70:20161101114111j:plain

こんにちは!急に寒くなりましたね~( ;∀;)!!

ハピコです。

 

ちょっと耳寄りな話を聞きました。

冬は温活しやすい時期だから、妊娠する人も多いという話です。

 

妊活では、

体を温めることが大切だと言われてますよね。

 

以前、某不妊治療専門病院の奥さまと

ランチした機会があったのですが

そのときも「とにかく温めて。冷えは禁物!」と

言ってました。

 

夏は、気温が高いから冷えには無縁のように思えるけど

実は夏の方が冷える。

食べ物も飲み物も室温も低いし薄着なので。

 

一方、冬は寒さを体感しやすいので

温めようとする活動も活発になります。

 

温活しやすい時期なんですよね。

そこで気になるのが冬の大親友!

ホッカイロ」です。

 

妊活中、ホッカイロを使用してもいいのでしょうか?

また、効果的な活用方法についても

ご紹介していきます♡

 

冬の温活を制して、妊娠を目指しましょう~

えいえいおー!

 

■ホッカイロは妊活に厳禁?その理由とは?

 

f:id:ahaha70:20161101115059j:plain

ホッカイロ。電気もガスも使わないのにポカポカと

人工的に発熱する優れもの。

 

こんな素敵なアイテムを発明する人間ってスゴイ

昔、極寒の韓国を旅行したとき、ものすごい寒さの中

トッポギを屋台の前で食べてたら、韓国の方と仲良くなりました。

 

私が発明したわけじゃないのに、

私が発明したくらいドヤ顔で

ホットホット、スーパーホット」という

訳の分からない言葉で手渡したホッカイロ。

(藤井隆のネタ思い出した・・・)

 

喜び方が尋常じゃなかったです。

海外の方へのお土産にも大人気らしいですね。

 

そんなホッカイロですが、妊活中に使うのは厳禁という声もあります。

 

そう、ホッカイロの使用に関しては、

使わない方がいい派

と、

推進派

の2つに分かれます

 

だから、妊活中の使用に迷っている方も

多いのではないでしょうか?

 

妊活中にホッカイロはダメという理由

妊活中にホッカイロを使わない方がいい理由は、

 

受精卵が熱に弱いから

という理由です。直接的に温めない方がいいと言われています。

 

子宮や卵巣を温める妊活中のよもぎ蒸しも

排卵日以降はしない方がいいと言われてますよね。

 

お医者さんの中にも、使用×派使用◎派に分かれるし

鍼灸師さんでも意見が分かれます。

 

低温期は低温だから、卵が良く育つのであって

ガンガン熱を加えて温めるのは

良い卵が育たない。

 

低温期から一気に高温期にあがるのでいいんだよ

それよりも保温や血流を良くすることが大事と。

 

カイロの熱は40度にもなります。

その熱を直接お腹にあてることは、よくないと

考えられているんですよね。

 

私が通った鍼灸院でも2つに分かれました。

カイロ反対派は、

人工的な熱で温め続けるのは良くない。それより

温かい飲み物をのんだり、運動で血流を促して骨盤体操で

骨盤周りの滞った血液を流すことが一番だと。

 

カイロOK派は、

張る場所を考えれば、有効に活用することができるよ!

 

と言っています。

冬の温活「ホッカイロ」で妊娠した人も多い

使わない方がいいという言葉もあれば、

実際、ホッカイロで温め続けて妊娠した

という方も多いですよね。

 

不妊治療を諦めて

24時間ホッカイロで温め続けた結果、妊娠に至ったというケースも

聞いたことがあります。

 

それほど体を温めることと妊娠は深い関係があるんですよね。

お腹に貼っていたという方も多いです。

 

だから、まあ、もし受精卵や精子が熱に弱く

ホッカイロが少なからず影響を及ぼすかも・・・と心配な方は

貼る場所をお腹以外にすればいいのです。

 

ホッカイロは冬に最強の妊活グッズなのではないかと

思います。

■妊活中のホッカイロを貼る場所は、ズバリここだ!

さて、私が聞いたホッカイロを貼る場所をご紹介します。

f:id:ahaha70:20161101122057j:plain

おしりの上の方、仙骨に貼ろう

仙骨は、おしりの上のあたりの骨のことです。

骨盤は、仙骨を含む腰回りの総称です。

生殖器や骨盤周りの臓器を守る役目を果たしています。

 

上半身と下半身を結ぶ場所。

ここには大きな血管や神経が通っています。

骨盤の血流が滞ると、自律神経にも影響が出ます。

 

自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌バランスも崩れて

しまうのです。

 

仙骨を温めることで血流が改善し、

栄養や酸素が子宮や卵管・卵巣に

行き渡るようになると言います。

 

腰回りが温まることで、下半身の血の巡りが

良くなるのだと。

 

足に貼ると効果的!

いつか何かのTVでも見たのですが、

どこかのお医者さんがホッカイロの上手な使い方で

足の裏に貼るって方法を紹介してました。

 

循環時間という言葉を聞いたことありませんか?

循環時間とは、血液が体を1周する時間です。

その時間は平均して50秒と言われています。

 

足先で冷えた血液は、50秒でからだをひとめぐりしてしまうんです。

もちろん、その間に子宮や卵巣もめぐります。

その結果、子宮や卵巣は冷えます。

 

冷えた血液は流れも悪く、老廃物が滞りやすくなるでしょう。

栄養も行き渡らなくなり、臓器の働きも鈍くなるのです。

 

子宮や卵巣は、常に栄養と新鮮な血液を必要としています。

足先を温めることで、血流を改善して

必要な栄養をきちんと届けることができるようになります。

 

ホッカイロを使うなら、足の裏がオススメです。

ペットボトルに厚めのお湯を入れた即席湯たんぽや

足湯も効果的。

 

ホッカイロじゃなくても足裏を温める方法がたくさんありますが

外出時や会社ではホッカイロが手軽ですね。

 

そもそも、どうして冷えが妊娠力を低下させるのか~鍼灸院から聞いた話~

 

体を温める目的は、血流の改善です。

冷えは、血流が滞っているから起きています。

 

血流が滞れば古い血や毒素が体に溜まるし

その毒素が、体中を巡ることになります。

 

栄養たっぷりの新鮮な血液を送りたい子宮や卵巣に

滞った毒素や冷えた血液が流れることをイメージすると

血流の改善がどれだけ大切かわかりますよね。

 

冷えを改善する目的は、血流を改善すること

 

それがわかっていないで

やみくもに体を温めても意味が無いんです。

 

血流の改善は、温めることの他にも適度な運動が大切。

ただ、温めてじっとしていてもそれは改善になりません。

 

1日せめて1時間は歩きましょう。

1時間は朝の通勤30分、夕方20分、犬の散歩10分でもOK。

 

体を動かして、食生活を気を付けて

そして、ホッカイロやよもぎ蒸し、鍼灸を上手に使って

改善していけばいいのです。

 

↑と説明されました。

 

最後に使い捨てカイロの成分をチェック

使い捨てカイロは、

鉄が空気中の酸素と反応して化学反応を起こし

酸化鉄になるときの熱を利用しています。

 

使われる成分は

  • 鉄粉
  • バーミキュライト
  • 活性炭

などです。もちろん、電磁波も出ません。

 

カイロ本体には、空気を通さない不織布を使い、微孔を開けています。

張るタイプは特殊な不織布が使われていて

空気の過量をコントロールしているようです。

平均温度は40度です。

 

カイロを直接肌に付けると低温やけどするので

気を付けてくださいね。

就寝時に使用するのは避けた方がいいと思います。

オカモト 温楽 レギュラー 30個入

オカモト 温楽 レギュラー 30個入

 

 

足の冷えない不思議な足もとカイロ はるつま先(黒) 15足入函

足の冷えない不思議な足もとカイロ はるつま先(黒) 15足入函

 

 

■妊活中のホッカイロ使用についてのまとめ

ということで、妊活中のホッカイロの使用について

まとめると

  • カイロがダメな理由は受精卵が熱に弱いから
  • お医者さんでも鍼灸師でもカイロについては意見が割れる
  • 心配な方はお腹に貼らず仙骨と足の裏に貼ろう
  • 足の裏はカイロじゃなくても温められる。
  • 温める理由は血流の改善
  • 血流の改善は、運動も必要!
  • カイロを使うか使わないかはあなた次第♡

ということになりました。

 

私は、寒がりなので腰と足裏カイロに幸せを感じています。

家にいるときは、靴下2枚重ねのカイロでしたけど、

ことしは「あんか」を購入しようかなと思います♪

 

お腹周りは腹巻で十分。

温かい飲み物を飲めば、胃を温められるしね。

 

そうそう、冒頭でもお話しした某不妊治療病院の奥さまも

腰にカイロを貼っていたといってましたよ。

 

使うか使わないかは自分次第なんだけど

なぜだめか?どのように使うか?

を知ると、活用しやすいですよね♡

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

お時間があれば過去記事もどうぞ♪