妊活中-主婦ライターは二人目ふにん-

4年前流産し、現在二人目妊活中・・今更聞けない不妊治療の超キホンから、不妊治療のリアルを現在進行形でお伝えします☆

妊活仲間とのランチ会で「不妊治療をしてよかったと思うことはある?」という難しいお題に私が答えたこと

不妊治療をしてよかったと思うことはありますか?

んなもんっ

あるわけねぇーーー!!!!

f:id:ahaha70:20170112133644j:plain

こんにちは!ハピコです。

つい先日、妊活仲間とランチに行ってきました。

 

いやぁ、年末年始って何かと集まりが多くてね、

妊婦さんがいたりね、赤ちゃんが生まれていたり

にぎやかですよね。

 

「家族が新しく増えました~!」

って年賀状が2枚も3枚も来ると

不妊治療中の私としては、

ボディブローのように効いてくる。

 

ってな話題は、妊活中のあるあるですよね。

 

そこで、年末年始のもやもやした気持ちを

思いっきり発散させるためのランチに行ってきたのであります。

 

今日はそのランチ会で出た

「不妊治療をしてよかったと思うことは?」の質問に

その場にいた治療中3人、妊活中1人が出した

5つの結論を記事にしました。

 

■そもそも、なんでこんな質問が出たのか?

 不妊治療をしている方ならわかると思うのですが、

 

不妊治療をしてよかったことなんて

正直、ありませんよね。

 

できれば、今すぐにでも辞めたい。

やらずに済むなら、だれも好んでやりません。

 

なので、私の答えは

「んなもん、ねぇ!!!」

です。

 

もし、不妊治療してよかったことは?と聞かれて

即答できるならそれは、

 

「治療で赤ちゃんを授かったとき」

 

です。

 

そんなことわかりきっている妊活仲間ですが、

年末年始に

  • 家族増えましたの年賀状
  • あけおめメールのついでの「赤ちゃんどう?」のくだり
  • 家族・親族からのプレッシャー
  • 赤ちゃんの可愛さにやられた
  • 大きなお腹を見てうらやましかった(´・ω・`)

なんて感じの展開にダメージを受けて、

心がとげとげしくなっちまったんです。

 

ランチ会では冒頭から

毒々しい言葉と感情があふれ出していたので

 

治療をちょっとポジティブに捉えよう!

って話になって出た質問がコレ。

 

苦しまぎれの自虐的な質問ですよね。

 

まだまだべビ待ちの私たち

治療中の私たち

 

そして、年末年始のダメージを受けている状態では

不妊治療してよかったことなんて

ない!

 

デザートのケーキをほおばりながら

 

「あるわけない!」

「治療せず自然に授かりたい」

「でも出来ないからやるんだ!」

って言葉連発。

 

だよね、

だよね。

 

自然妊娠や治療をしないで授かった場合と比べると

いいことなんてない。

 

それでも、それでもね、

治療をやらなければ

経験しなければ、わからなかったことって

たくさんあるんですよね。

 

今日はちょっとそれを挙げてみよう!

ってな展開になりました。

 

治療をしてよかったことなんてないけど

しいて言えば・・・

 

■不妊治療をしてプラスになった5つのこととは?

1つ目:不妊治療への理解が深まった

不妊治療をするまでは、

治療に対して偏見を抱いていた子が多い。

 

「治療するまでこんなにつらいと思わなかった」

「もっと人工的なものだと思っていた」

 

なんて言葉が多いです。

不妊治療って

実際は、妊娠しにくい状態を医療で補うこと。

 

そりゃ薬や最先端医療を使うけど

妊娠するか否かはやっぱり自分の身体や

タイミングや状態しだいなんです。

 

どんなに高度な医療を受けても

自分の卵子や子宮の状態、

旦那さんの精子君のご機嫌によるので

こればっかりはやっぱり授かりものだってことになっちゃいます。

 

日本は不妊治療への理解が低く

なかなかオープンにできない。

 

不妊治療をしなければ

知らなかったことも多くて

治療の経験は、勉強になったな・・・と思います。

2つ目:病気が見つかったこと

これ!

不妊治療の過程で病気が見つかることは

早い段階で治療ができますから

「妊娠できたこと」以外では

唯一、不妊治療をしてよかったと思うことに

挙げられます。

 

私は、ポリープが見つかり、取ると今まで謎だった出血が止まりました。

 

ある友達は、男性不妊が発覚しました。

今まで不妊=女のせいだと考えていた旦那さん。

男性不妊が発覚して態度が一変したそうです。

 

別の友達は、最初の不妊の検査で受けたガン検診で

初期の子宮頸がんが見つかりました。

 

その子は、もし不妊じゃなかったら

自分で検査を受けることもなかっただろうし

命を救ってもらったと言っていました。

 

また、多嚢胞性卵巣症候群だということがわかった友達もいます。

 

ちなみに私は、治療当初

黄体機能不全とわかり、改善できています。

 

また、不妊検査の登竜門

卵管造影検査で卵管の詰まりがみつかり

改善できた友人もいます。

 

不妊治療を始めたからこそ見つかった病気。

 

病気は早めに見つかる方が断然いいです。

赤ちゃんが欲しいと思って病院へ行かなかったら

病気が進行していたかもしれませんよね。

 

3つ目:旦那さんへ愛情が深まった

うーん、実はこれランチ会でも2極化したんですよね。

 

不妊治療を始めて、夫婦仲が悪くなる夫婦もいます。

「何で理解してくれないの」

「なんでもっと協力してくれないの?」

「そんな人だと思わなかった」

 

とかね。

治療中は、なかなか赤ちゃんができない苦しさから

旦那さんに当たってしまうこともあるし

 

旦那さんの方も、思いやりに欠ける言動があることも

しばしばです。

 

とは言っても、不妊治療を

夫婦ともに協力して、お互いの存在を強く意識し

愛情が深まる夫婦も多い

 

改めて旦那さんへの愛情が増す人もたくさんいます。

 

私の場合はね

主人まったく治療に協力的ではありません。

(私から見てですけど)

 

いや、仕事の都合が付く日は

病院への送り迎えとかはしてくれますけど

病院に入ることはまずない。

 

葉酸は飲んでくれるけど

男性不妊検査を受けるにも時間がかかった。

 

不妊治療=女がするものだと思っているので。

 

だけどそれはそれで割り切るしかないと

思ってます。優しいとこもあるし、いいとこに気付いて

徐々に理解してもらう方向で頑張ってます。

私がこんな気持ちになったきっかけは↓この本です。

 

www.hapiko365.com

 不妊治療を始めてから

愛情が深まったと言えば、間違いなく深まってます。

 

4つ目:痩せた&健康的な生活になった

不妊治療を始めてから

自分の身体を気遣うようになった方多いですよね。

 

私は、妊娠体質になるために必要な栄養素を勉強して

食事に取り入れ、適度な運動も意識するようになりました。

 

↓これが私の勉強ノートです。

字が汚いので小さめに・・。

f:id:ahaha70:20170113094854j:plain

こんな感じで3冊くらい自分の得た妊活情報を書き溜めています。

ノート好きなんですよね。もはや趣味です。

ちなみにノートは1枚を縦半分に折ってびっしり無駄なく使うタイプです。

(知らんがな)

 

生活習慣も整えたし、お酒も控えた。

めっちゃ健康的です。

(赤ちゃんまだこないけど)

 

治療する前の私は、体調を崩すことが多く

すい臓が悪かったりしたんですけど

 

今はすっかり調子がよくなりまして、

すい臓が痛むことがなくなりました。

 

便秘も解消したし、

最近は肌の調子がすこぶるいいです。

 

おりものの状態とかね、月経の状態も

自分で「あ、なんか調子悪いかも」って

わかるようになっています。

 

ちょっとぽっちゃりだったお友達は

食生活を生活習慣を変えてすっかりスレンダーに。

 

妊娠するには体が資本ですからね。

添加物とかも考えるようになって

身体にとってはとてもプラスになっていると思います。

5つ目:人の痛みがわかるようになったこと

つらい経験や感情は人を成長させるって言うけど

確かに私は、この不妊治療を経験して

考え方が変わりました。

 

不妊治療を始める前はね、

子供=すぐできるなんて思っていたので、

自分が気付かないうちに「子供は?」とか

「二人目は?」とか聞いていたかもしれない。

 

兄嫁ごめんね・・・。

 

でもね、今は絶対に言わない。

「まだ?」とか「早くしたほうがいいよ」とかね。

余計なお世話ですよね。

 

経験したからこそわかる感情。

未熟な人間の私でも、少しだけ誰かの痛みに寄り添うことが

できるようになりました。

 

辛いときに寄り添ってもらえると

その時のやさしさ、嬉しさが身に沁みますし

 

どんなことで傷つくか

何が辛いかも経験してわかることなんですよね。

 

治療する前の私と比べると

人間力の値がちょっとだけアップした気がします。

f:id:ahaha70:20170113100357g:plain

 

 ■考えてみると思ってた以上にプラスがあった

最初はね、

不妊治療でよかったことなんてない!!

なんて言ってたけど、

 

人によっては病気が見つかったり

夫婦仲が良くなったり

体調不良が改善したりと

 

人生においての重要な部分で、結構大きなプラスが

あることに気づきました。

 

自分が経験することに無駄なことなんてないんですよね。

(そう思いたい(´・ω・`))

 

無駄と捉えるか、有益と捉えるかは自分次第だってことにも

気付いたランチ会。

 

最初は毒づいた言葉が多かったけど、

解散する頃には、ネガティブな雰囲気が減って、

なんだかみんな「またがんばろ」って顔をしてました。

 

治療をしてなかなか結果がでないと

イライラしたり

絶望的になったり

辛いことの方が多いけど

 

いいことにも意識を向けると

ポジティブになれるんですね。

 

なかなか難しいときもあるけど、自分ペースでぼちぼち頑張っていこう!

えいえいおー!

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

今日も良い1日をお過ごしください♪

 

お時間あれば過去記事もどうぞ

 

www.hapiko365.com

www.hapiko365.com

www.hapiko365.com

www.hapiko365.com

www.hapiko365.com