妊活中-主婦ライターは二人目ふにん-

4年前流産し、現在二人目妊活中・・今更聞けない不妊治療の超キホンから、不妊治療のリアルを現在進行形でお伝えします☆

もう出来ないかも。不妊治療に興味がない旦那と温度差を感じ夫婦会議した結果。

旦那さんが治療に協力的なご夫婦を見ると羨ましいな。

f:id:ahaha70:20170221152933j:plain

こんにちは!

ネガティブな中にも一筋の光を探しているハピコです。

 

「ねえ、どうしてよ。

体外受精いいって言ってたよね?

なのに、なぜ?」

 

↑数ヶ月前のうちの夫婦の小競り合いです。

 

事の発端は、夫くんの

「体外受精までしなくてもできんじゃね?

まあ、できんじゃね?」

 

の一言から始まりました。

 

できねーから不妊治療してんだよ!!!

 

不妊治療にあまり興味がない旦那さんとの

治療に対する温度差・・

 

気づいたらなんか、どんどん溝が開いちゃってんぞ!

一体どうすりゃいいんだ。

 

■うちの旦那が体外受精に非協力的なワケとは・・・

ハピコ「 ねえ、ねえ、体外受精なんだけどさあ」

旦那「え?何?やるん?」

 

f:id:ahaha70:20170221155224j:plain

 

ハピコ「え?1回だけやってみようって話したよね?前」

旦那「え?そうだっけ?」

 

あれ・・・

これって・・・

完全に・・・

 

振り出しに戻っちゃってんじゃねーか!

f:id:ahaha70:20170221155624j:plain

(君は進化を忘れちまったのか・・・)

 

ええ、ええ、

 

体外受精をするということで話が進み、

私はサクサク病院を探したり

金額を確認して、卵巣刺激法も決定したり

しているのですが、

 

肝心の日程を決める話になるとね

タイムスリップしたように

「体外受精の意思確認をした日」に

逆戻りなんです。

 

まずは、旦那の言い分を聞いてください
  1. 二人目が欲しい
  2. かなり欲しい
  3. むしろ三人欲しい
  4. 妊娠の細かい課程はようわからんが
  5. 一人目が自然妊娠だったからできるはず
  6. 二人目はできたけど流産した
  7. 人工授精やってるだろ?
  8. だから妊娠できるはず
  9. 俺に問題はない
  10. 不妊治療は協力している
  11. 男性不妊検査までしたんやで?
  12. 体外受精までしないといけないのか?
  13. 副作用が心配だ
  14. 自然じゃないんだろ?
  15. 体外受精までしなくてもできんじゃね?

    まあ、できんじゃね?

旦那さんは、二人目が欲しいと常に口に出します。

 不妊治療をすることも納得しています。

 

治療経過は常に旦那さんに報告をしています。

体外受精をするなら早めじゃないとって話もしました。

なのに・・・なのに・・・

 

 

空前絶後のおおおおーーーー!

超絶怒涛もの忘れ旦那

 

イエエーーーーーーーーーい!!

ジャスティス!

f:id:ahaha70:20170221162839j:plain

(草食べてる場合かよっ!!)

 

あ〜あ・・・やっちまったな。

逐一治療過程を報告して、説明した努力が水の泡

(ぶくぶくぶく・・)

忘れちまってる・・というか聞いてないんだな。

 

不妊治療していて、一番言われたくない言葉

「そんなことまでしないといけないのか?」

を言う人が、こんなそばにいたとはね。

f:id:ahaha70:20170221160851j:plain

(お前さんは何もわかっちゃいねえ・・・)

 

旦那はいつも同じ場所に留まっています。

私だけ、どんどん進んでいる気がする。

 

深まるミゾ

ゴリラ(旦那)君との温度差ハンパねえ・・

冷水と熱湯やでホンマ・・

 

私VS夫婦のミゾ

 

果たして埋めることはできるのでありましょうか?

 

・・・・・・・

・・・・

 

でもさ、全てにおいて非協力というわけじゃないんでしょ?

はい、そうなんです。

優しいし、ある方面ではいろいろとやってくれている。

都合がつけば病院の送り迎えも気持ちよくしてくれる

(車からは絶対降りないけど)

 

ただ、ただ、体外受精に抵抗があるだけなんです。

 

人工授精も男性不妊検査も精子凍結もやった。

なので、感謝するところはいっぱいあります。

 

感謝するとこ・・

感謝?

 

いや・・・おかしいな。

これってさ

子供欲しいなら当たり前じゃない?

 

なんで感謝しなきゃいけないのかって気持ち。

なんか、旦那さんの態度が威圧的でね・・。

 

協力してあげてます感がすごくて。

こりゃ、私が間違ってるのかもしれない・・・。

気を使いすぎてるのかも。

 

私だってやってんだ!

お前さんもやるのが当然だ!

 

子供は夫婦協力して作るもの。

ですよね。

 

私の現状をわかろうとしない旦那

うちの旦那さんね・・・

 

私の現状をあまり分かっていないんです。

卵子老化とかも話しても

右から左状態。

 

もしもーし!もしもーし!

意識ここにありますか?

f:id:ahaha70:20170222093932j:plain

(その目線の先に、私はいるのですか?)

 

マジで生理止まるまで

自然妊娠は可能と思っている。

(何度説明しても、考え変えない)

 

精子凍結まで協力するなら、

体外受精も、別にいいじゃない?

体を使うのは私なんだから。

 

そんな気持ちをオブラートに包んだり

包まなかったりで話したら、その場は

「よし、わかった」ってなるんだけど

 

じゃあ、具体的な日取りを・・・

って話になると、うやむや

 

何・・この無駄なループ

 

この状態がもうズーーッと続いています。

f:id:ahaha70:20170222141514j:plain

(えらい世界へ迷いこんでしもた・・)

 

いい加減、私も焦ってきました。

 

周りは旦那さんが協力的で

同じ二人目不妊でも体外受精に理解がある人の方が多い。

 

そんな夫婦と比べてしまって

イライラは募る一方でした。

 

■Google先生。不妊治療に協力的な旦那さんはスタンダードなのですか?

悩んだ私はGoogle先生に聞きました。

 検索ボックスに

「不妊治療 旦那・・」

って入力したところで、なんと「非協力」と出る!

 

「不妊治療 旦那 非協力」

 

で改めて検索すると、出るわ、出るわ。

非協力旦那を持つ奥様たちの心の叫び。

  • 人工授精さえも協力してくれない
  • 男性不妊検査を頼んだらキレられた
  • 排卵日の仲良しがプレッシャーで拒まれた
  • 子供は自然でいい。できなければそれでいい
  • 一人めの不妊治療で十分。二人めは望んでない
  • 二人めは欲しいけど体外受精は経済的にもきつい
  • 子供は欲しいけど不妊治療は自然ではない
  • 流産で妻が苦しむのを見たくない
  • 不妊治療で妻が精神的に病むところを見たくない

 最後の2つは、私の男友達が言ってたものです。

 

彼は、不妊治療がうまくいかなかった時、

妻の精神状態が崩れることを危惧していました。

(悩むな!迷わず支えろ!)

 

わかるけども・・・

わからない・・・

 

子供を宿そうとして

一生懸命になればなるだけ

そりゃ、メンタル弱る時だってあるでしょうよ。

 

不妊治療に非協力な旦那さんの場合、

子供は欲しいけど、なんだか外から見ている気がしてなりません。

 

治療をしている妻に寄り添うのではなく

外野気分。

 

私が旦那に対して、感じていることです。

旦那よ・・・背中を向けてんじゃねーー!

f:id:ahaha70:20170222135811j:plain

 

 とプリプリしてた私だったけどね。

 

人が何を考えているかなんて全てわかりません。

私が勝手に思い込んでいるかもしれない。

旦那の考えを、私の勝手な価値観と判断で決めつけているかもしれない。

 

直接「協力しない」と言われたわけでもないですから。

 

ただ、「意識が足りない」「寄り添えよ」

と旦那を自分の思い通りに動かそうとして

理想の旦那にしようとして、

 

理想の家族を一人勝手に追い求め

追い詰めているのは私なのかな。

 

人付き合いって難しいぜ。

夫婦って他人だもんな。

 

二人目が欲しいね。

もう一度、あの子に会いたいね。

 

流産から少し経った時、旦那と

「もう一度、お腹に帰ってくるよね・・」

と話したこの一言から始まったこと。

 

なのに・・

なのに・・・

いったいどうしちまったんだろうか。

 

赤ちゃんがお腹の中で

力強く心臓を動かしていた超音波の映像が

今もずっと脳裏に焼き付いている。

 

どうかもう一度・・・。

 

■そんな時出会った「俺たち妊活部」という本

以前こんな記事を書きました。

www.hapiko365.com

 この本を読んで、妊活中の妻を持つ旦那さんの気持ちを知りました。

男性不妊の方の話もありました。

 

旦那さんへの不満を抱えていたけどね、

この本読んだら、ちょっと考え方が変わりました。

 

旦那さんが外で一生懸命働いてるからこそ

治療費捻出できるっていうのもあるし・・・。

 

仕事が忙しい時は

こっちを気遣う余裕なんて・・ないよね。

 

むしろ、私も気遣ってあげられてなかったな。

 

私は、もしかしたら勝手に怒りを募らせていたかもしれない。

うまくいかない現状に対して、

やり場のない気持ちを旦那さんのせいにしていたのかもしれないなと

思うところがあった。

 

治療に協力的じゃない

私だけ頑張っている

どうして協力しないんだろう

大事に思ってないのかも

空回り

孤独感募る

苛立ちがつのり、とげとげしくなる

夫婦仲ギスギス

 

これでは、本末転倒ですよね。

 

そもそも、旦那さんの子供が欲しいと思って始めた治療。

なのに、治療が進むにつれ深まるミゾ

 

いかん!いかんぞ!!

そう気付かせてくれたのが、「俺たち妊活部」という本。

著書の村橋ゴローさんありがとう!

■超絶怒涛のもの忘れ旦那と話し合った夜

f:id:ahaha70:20170221172134j:plain

(やっちまった・・・)

 

旦那が帰ってきた時に、

溜まっていた胸の内を話しました。

  • 先生からは体外受精をやるなら早めがいいと言われたこと。
  • 何度話しても、結局振り出しに戻ることが辛い
  • 話を聞いてないの?
  • 二人目が欲しい気持ちは同じ
  • だから治療を続けてきた
  • 本当はどう思っているのか?
  • 生返事じゃなく、今後の方向性を決めたい。

 

すると、旦那からは

  • 体外受精について、不安があること
  • 二人目は欲しいけど、副作用で私にもしものことがあったらと考えると踏み切れないとのこと。
  • 子供への影響は?

などの答えが返ってきました。

体外受精の副作用に関しては説明したはずだけど

もう一度話しました。

 

 話を聞いて

旦那は、ようやくちゃんと語りだしました。

 

二人目は欲しい。

体外受精をしたい気持ちは半々。

 

理由は、もしもの時。

単身赴任で近くにいられないので何かあってからでは

間に合わないと思っている。

(最悪のことを考えてしまう)

 

それが心配だと。

(実家は夫婦共に遠いです。)

 

なるほどね・・・

 

一理ある

 

 

二人目が欲しい一心だったけど

副作用が起こった時のことをしっかり考えなければならない。

 

私の友達は、体外受精時の排卵誘発剤の副作用で

重度のOHSSで入院しました。

 

こんなことも珍しくはない

 

今私が入院したら・・・

 

温度差はあるけど、私が思っているよりちゃんと考えていた

私は、旦那に説明できるよう、

不妊治療のことをたくさん勉強して

排卵誘発剤の副作用も納得していた。

 

けど、

根本的にまだ、考えなくちゃいけないところが

私には足りていないのでは?

と感じていたらしい。

 

旦那さんに伝わってなかったことも多々あった。

 

旦那さんは、

二人目は欲しいけど、私の体が心配だと。

今は何かあった時対処できないんじゃないか。

 

私は、

「体外受精をしなかったら後悔してしまうかも・・・」

 

そう考えていた。

 

旦那さんの方は逆で

「体外受精をして私に何かあると後悔してしまうかも」

 

そう思っているようです。

 

すれ違い、

大きく溝ができたと感じていたのは

私の勘違い。

 

ただ、ただ、私の体を心配してのことでした。

 

「単身赴任が終わるまで

または、長期で休みが取れる頃じゃダメなのか?」

 

「経済的に余裕があるわけじゃない。

だから仕事を頑張っている。」

 

旦那の目に私は、

周りが妊娠していくことでどんどんと

不妊治療にのめり込んでいくような感じに見えたそう。

 

体外受精を簡単に考えているわけじゃないけど

そう映っていたようです。

(だって赤ちゃん欲しいんだもん)

 

なら、先生から説明をしてもらおう。

体外受精がどんなものか。

 

■そこで私と旦那が決めたこと

旦那と話し合って、今後の方向性が決まりました。

  • 旦那→体外受精の説明を主治医から受ける
  • 納得したら、まず採卵
  • その代わり旦那がまとめて休める時
  • 娘の生活・進学に支障をきたさないこと
  • 無理な場合は母に来てもらう
  • でも、多くて2回が限度だろう

(受精卵の数にもよるけど)

 

この方向で決まりました。

 

この話を、先輩ママにしたら、

 

「体外受精してもハピコの年齢AMHの結果では

妊娠率は低いんだよ。

体外受精すればできるのに、旦那の理解がないせいで

二人目が出来ないと思うのって、ストレスだけ募らない?

 

そんな風に思うより今できることを確実にやって積み上げようよ。

あ、卵子のプラセンタ療法があるよ。

それなら、旦那がいない間にできるし、体外受精の確率も上がるってよ」

 

と教えてくれました。

 

卵子の

プラセンタ療法?

 

早速調べて、やっている病院に電話したところ

体がどれだけサビているかの検査をして

点滴や漢方薬などで、卵子の質を高める為

体内のサビを減らす治療をやっていくとのこと。

 

検査受けたい!

どのくらいサビてるか知りたい!

その結果次第では、卵子のプラセンタ療法を受けて

体外受精に挑みます。

 

卵子のプラセンタ療法は、

卵子の質と子宮環境が改善されるというもの。

(プラセンタ療法はまた記事にしますね)

 

紆余曲折経て、話し合いができてよかった。

ずっと平行線だったから・・・。

 

旦那の休みが取れるまでは

  • 食生活・生活習慣に気をつける
  • 子宝鍼灸
  • サプリを併用
  • 卵子のプラセンタ療法
  • 運動
  • 精子凍結

となります。

 

3月、引越しが終わったら、卵子のサビをチェックする

検査を受けてきますので、また記事にしますね。

 

■おわりに

今日はひたすら夫婦間の小競り合いの様子を

お届けしました。

 

もめて

悩んで

話し合って

出た結論。

 

やっと夫婦で同じ方向を見れた感じ。

 

途中、あまりにも話が噛み合わず

日本語話しているかもわからなくなった。

 

ドラえもんの道具

「ほんやくこんにゃく」

喉から手が出るほどほしかった。

 

*ほんやくこんにゃく:食べるとどんな言葉でもほんやくしてくれるこんにゃく

 

不妊治療は人の数だけ治療法がある

ペースも内容も全然ちがう。

 

焦って悩んで苦しんでも

できることは限られてて

その、今できるすべてのことを

できるだけ多くやっていきたい。

 

追記:超絶怒涛のもの忘れ旦那

この夫婦会議を忘れないことを切に願う。

 

忘れていたら、この記事見せよう。

長くなりましたが、夫婦間の議事録として

この記事を残します。

 

最後までおつき合いありがとうございました。