妊活中-主婦ライターは二人目ふにん-

4年前流産し、現在二人目妊活中・・今更聞けない不妊治療の超キホンから、不妊治療のリアルを現在進行形でお伝えします☆

妊娠力は必ずしも年齢ではない!年代による妊娠力と抱えるトラブルについて

私が38歳でも、私の卵巣が38歳とは限らない・・・

f:id:ahaha70:20170619104736j:plain

 

こんにちは!ハピコです。

私はもう少しで38歳を迎えようとしています。

 

私が38歳なら

体も当然、製造されてから38年です。

 

だから、当然38歳の妊娠力だろうと

思っていたのですが

必ずしもそうじゃないんですよね。

 

っていう話を今日はします。

[h4:contents]

■そもそも妊娠力ってなんやねん

説明しよう!

妊娠力とは、あなたの体が秘めている

妊娠できる力であーる・・・。

 

・・・

はい、誰もが知っていることですよね。

 

改めて説明する必要はありませんでしたが

妊娠するかしないかは、この妊娠力が決め手!

 

妊活妊娠するための活動であり

その妊娠するために必要な

妊娠力を高める活動でもあります。

 

不妊治療は、足りない妊娠力を医療の力でサポートする。

漢方治療は、本来身体が持っている妊娠力を取り戻す。

 

妊活や不妊治療は

身体が持っている妊娠力がどれくらいか?

によって、選択する治療法や期間が異なります。

 

それでは年代別の妊娠力をチェックしてみよう!

■年代により妊娠力はどう変化するか?

f:id:ahaha70:20170619133817j:plain

10代

盗んだバイクで走りだす頃は、

生理が始まったばかりで、周期も安定せず

妊娠・出産しにくい傾向にあります。

 

でも、

妊娠率はほぼ20代とかわらないため

望まない妊娠による人工中絶が多いのも

この世代です。

 

20代

この時期は一番モテた。。。

なんて懐かしく思ってる方も多いのでは?

 

ピッチピチの20代は

卵子数や質が十分で、ホルモン分泌も活発。

 

子宮内膜も厚く、妊娠出産に適した年齢

お産が軽いと言われていて、産後の体力回復も早い。

 

1年間避妊せずに仲良しした場合の妊娠率は80%です。

 

でも、この時期に結婚するって

まだまだ早い・・・なんて思ってしまいますよね。

 

就職して仕事が面白くなってきた頃だし・・・。

経済力も弱い時期です。

 

30代

効率的な仕事ぶり

充実した私生活。

どうも、キャリアウーマンです。

 

って女子が多くなる30代。

 

30代前半なら妊娠力は20代とそれほど変わらず。

妊娠率は60%くらい。

 

しかし、35歳を境に卵子が急激に老化

 

37歳を過ぎると卵子数も激減してホルモン分泌も減少。

妊娠率は50%まで低下。

二人目不妊も多く、不妊治療も増えてきます。。

 

40代

美魔女とか言われる世代に突入です。

最近の40代って本当に見た目年齢が若いですよね。

 

40代に入ると卵子の老化はさらに進み

流産のリスクも上がります。。

妊娠率は40代前半で約30%、後半では約5%まで減少。

 

一般的には、40代後半で定期的に仲良ししても

自然妊娠する確率は極めて低いです。

 

30代に入ると体外受精での出産率も低下

30代に入ると生殖補助医療(体外受精など)を

行っても年齢が高くなるにつれ

流産率が上昇し、出産率は低下していきます。

 

高齢になる程、染色体異常が増え

妊娠中のトラブルや死産率も上がっていきます。

 

日本産婦人科学会のデータでは

年齢が上がるにつれ、不妊治療でも

妊娠・出産しにくくなることが

わかっています。

■妊娠力を下げるトラブルについて

人はもともと妊娠する力を備えています。

でも、それが低下する大きな理由は卵子の老化だと

言われていますよね。

 

他にも妊娠力を低下させるトラブルが

あるので確認してみましょう!

婦人科系トラブル

生理不順に始まり、無排卵・無月経などは

不妊につながるトラブルです。

 

10代や20代の頃に無理なダイエット

で月経が止まってしまうことも少なくありません。

 

20代に不摂生な生活をしていると

生理不順や性感染症も増加。

 

体が冷える服装や骨盤が歪む高いヒールが

冷え性や婦人科系トラブルの原因になっていることも・・・。

 

30代に入ると子宮筋腫や子宮内膜症も

増えてきます。

ストレスで活性酸素が大量発生

仕事や家庭のストレスは、

体の中に活性酸素をたくさん発生させてしまします。

 

活性酸素が増えると体のサビ&卵子老化が加速!

強いストレスは

20代なのに、妊娠力が下がってしまうこともあるのです。

 

現在日本の初婚年齢は30歳が平均。

この頃は、妊娠力がどんどん低下していくのに

仕事やキャリアの間で悩んでいる人も多いですよね。

 

また、

結婚してなかなか赤ちゃんが授からないことが

強いストレスになっていることも・・・。

 

ストレスを感じると、自律神経が乱れ

ホルモン分泌にも大きな影響を与えます。

子宮頸がん・子宮体がん

ここ最近、20代後半から子宮頸がんが増えています。

でもこれって、

毎年きちんと検査していれば早期発見できる病気です。

 

子宮頸がんも子宮体がんも

早期発見すれば、子宮温存治療などで

赤ちゃんを産める可能性が高くなります。

 

検査についてはこの記事をどうぞ

【急増中!】妊活中、絶対に受けたほうがいい検査!ママになってからじゃ遅い!

 

■妊娠力は年齢だけでは決まらない

で、先ほど年代別の妊娠力をご紹介したのですが

自分の年齢と妊娠力は必ずしも比例しないってところが

重要です!!!

 

大切なのはやっぱり卵巣年齢なんですよね。

卵巣年齢を若く保つためのエイジングケア法5つ!卵子若返りを目指してできること

 

30代前半は妊娠力が60%って書いてるけど

自分の卵巣年齢が40代かもしれません。

 

ちなみに、私は35歳なのに

卵巣年齢が40歳超えてました。

 

卵巣年齢を知るには

AMH(アンチミュラー管ホルモン)検査でわかります。

 

でですね、逆に、自分の年齢が40歳を過ぎてるからって

年齢だけで諦める必要もないんです。

読者の方からこんな質問をいただきました。

「ハピコさんこんにちは。

結婚したばかりの40歳主婦R子です。

自分の年齢を考えると、もう妊娠は無理なのでしょうか?

子供が欲しいと考えていますが

何から始めていいかわかりません。

 

気持ちばかりが焦ってしまいます。」

 

R子さんはご結婚されたばかりで、

妊活を始めてみようと色々調べるうち

40代での妊娠の現状を知って、ショックを受けたとの

ことでした。

 

確かに40歳は妊娠力が低下する

日本産婦人科学会でも発表されています。

 

でも、R子さんの卵巣年齢

年齢より若いかもしれない。

R子さん自身が持つ妊娠力は高いかもしれません。

 

そこで、まずは早めに病院で

検査を受けることをオススメしました。

 

周りの情報に惑わされずまずは検査を 

妊活雑誌でもネットでも

40代の自然妊娠は難しいと書かれていますよね。

 

だからこそ、早めに病院で検査して

不妊因子がないかどうかをチェックして欲しいです。

 

40代はスピード勝負なので

 

まずは漢方やってみよう!

とか、

まずは冷え性改善だ!

 

とか、

 

そういうことの前に

自分の体の状態が今現在いかがなものか?

知る必要があります。

 

それを知ってから

 

おっしゃ、時間もったいねえ!体外受精だ!

 

いや、まずは人工授精から!

 

いや、自然妊娠目指して頑張る!

とか判断することができます。

 

回り道する時間がもったいないので、

とにもかくにも、夫婦で不妊検査を受けましょう。

 

20代でも同じこと

20代の妊娠率は80%です。

 

「私は20代だからまだ大丈夫。」

そう思って安心する方も多いでしょう。

 

でも、やっぱり1年仲良ししてできない時は

早めに検査しておきましょう!

 

初潮が早かった方は残りの卵子数が

少なくなっている可能性があります。

自分の妊娠力だけが問題じゃない

さらに言うと、

私たちの妊娠力+旦那の生殖能力も必要。

 

私たち女性側が問題ないのに

旦那の生殖機能が衰えていては

結果、妊娠力低下に陥りますよね。

 

仲良しする回数が少ないとかも

そうです。

 

月に1回しかチャンスはないのに

仲良しが数ヶ月に1度だと

自然妊娠は難しいかも・・・。

 

だから、赤ちゃんができないことを

自分だけで抱え込むのではなく

夫婦で一緒に共有して進めていくことが大切です。

■妊娠力を上げるために私たちができること

f:id:ahaha70:20170619161522j:plain

妊娠力を上げるために私たちがでできることは

  1. 食事に気をつける

    妊娠体質に変わる食事の基本!妊娠力がアップするおすすめの食べ物&メニューとは?

  2. 睡眠を十分に取る

    寝ている間に卵子のグレードがアップ!その理由とは?成長ホルモンを高める睡眠のコツを知ろう!

  3. 適度な運動を行う

    妊活にいい適度な運動・・・適度ってどの程度やねん!と思って調べてみたこと。

  4. サプリメントで補おう!
    足らなければ補えばいい!!
    旦那さんの生殖能力アップにも有効です!
    効率的に充実した身体にするには、サプリメントが手軽で便利。

    妊活成分を一度に摂りたいなら
    ↓妊活雑誌の大手である「妊活たまごクラブ」
    に掲載されたこちらがオススメ♡

    スピルリナ・マカ・葉酸!ベビ待ちさんに必須8大妊活成分を一気に摂れる方法!マカナを調べてみた

  5. 夫婦仲良くする
    夫婦あっての子供です。
    誰かを信頼して安心感を得ると
    妊娠・出産にも関わる
    幸せホルモンが出ると言われています♡

    旦那さんとの時間を楽しんで、理解し合える仲になっておくと
    出産した後も楽だと言われています。

    妊活中に夫婦が分かり合えないと
    ストレスばかり溜まり、妊娠力が低下。

    険悪な状態で妊娠しても、その後の夫婦生活に悪影響です。
    育児が始まればゆっくり話し合うことも少なくなります。
    妊活中のうちに夫婦の土台だけはしっかり築いておきたいものです。

    子供はいつか巣立ちます。
    その後は結局、夫婦二人。
    だからこそ、今この辛い時に手と手を取り合って、
    自分たち夫婦だけのゴールを見つけていきましょう。

■おわりに

不妊治療のご相談内容でとっても多いのが

年齢=妊娠できるかどうか?の問い合わせです。

 

私はお医者さんじゃないので

医学的なことはわかりません。

 

年齢だけで諦めてしまうのは

もったいないと思います。

 

だから、まずは病院へ行って、検査して

お医者さんとよく話し合ってみましょう。

 

それから、体質改善や運動に励むといいですよね。

40代でも自然妊娠している人はいますし、

芸能人とか「え?なんで?」って驚くくらいの年齢で

妊娠されていますよね。

 

それが自分に当てはまるかは置いといて

 

自分の体の状態を知らずに

自己流で突っ走るのは

時間がもったいないなと思いました。

 

病院で検査を受けても、

治療を受けるかどうかは別です。

 

私は自然がいい

治療は受けたくない

 

という場合でも、検査で病気が見つかり

改善すれば、

自然妊娠できる可能性も上がります。

 

年齢だけで妊娠力を決め付けるのではなくて

体の声を聞いてみましょう♡

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。